甘木 パチンコ ブロス

甘木 パチンコ ブロス

なので休む為、ライはそう提案したのだ

「ふむ、確かにそうだな

あなたも好きかも:スーパーリノ スロット 解析
今日一日で魔族の街に住む幹部とその側近? を倒したんだ

あなたも好きかも:パチンコ シティーハンター 噂
怪我を治したとはいえ、相当疲弊(ひへい)している事だろう」 エマも同調するように言い、レイとフォンセも頷く

全員が疲労していると同意し、確信していたのだ

 するとレイが思い付いた事を呟くように言った

「そう言えば……ここ二、三日お風呂に入れていないなあ……」 その言葉を聞き、ハッとするエマとフォンセ

あなたも好きかも:パチンコ 必殺仕事人4 振り分け
昨日はライが殆ど戦っていた為、汗などをあまり掻いていなかったが今日は幹部の側近的な者と戦った

 それに加え、エマが呼んだ雨やそれによって作られた泥に汚れたのである

 レイ、エマ、フォンセは流石に汚れを落としたい気分だ

 そんな様子を眺めていたリヤンがレイたちに告げるように言う

「あ……そう言えば……確か向こうに温泉があ……「本当!?」る……え?」 リヤンが言い切る前に反応を示したレイに対し、リヤンは驚きながら言う

「う……うん……ここの森は火山地帯が近くにあるから……温泉が湧いているの……」 それを聞いたレイの顔色がパアッと、一気に良くなり、エマとフォンセもフッと笑う

 温泉というものがあるのなら、それは疲労した身体には持って来いの物だっただからだ

*****「ハア~……! 二日ぶり……? くらいのお風呂だあ……」「ふふ……そうだな

今日は少々汚れてしまった

まあ、雨や泥は自分で呼んだのだがな……」「まあ良いだろう……

それのお陰でレイも無事だったし、今日はその汚れを落とせるのだからな……」「………………」 それからライたちは男性と女性に別れて入浴していた