ブラックジャック バスト

ブラックジャック バスト

 隊舎に辿り着き、ファリアとアスラの出迎えを受けたセツナは、たった数日空けていただけだというのになんとも懐かしい空気に包まれた

あなたも好きかも:溝の口 スロット 2ch 107
「お帰りなさい、セツナ

そしてお疲れ様でしたね、隊長、皆」「ああ、ただいま

疲れるってほどのことでもなかったけどね」 セツナは、ファリアの笑顔に迎え入れられただけで、すべての疲れが吹き飛んだのを認めた

肉体的な疲労が消滅することなどありえないのだが、いま、この瞬間だけはあらゆる疲労を感じなくなったのだ

精神的なものだろう

ファリアというセツナにとって唯一無二の存在というべき女性の笑顔を見たのだ

あなたも好きかも:パチンコ 台放置
それだけで彼の心は力を取り戻し、疲労も消し飛ばす

あなたも好きかも:パチンコ 恋姫 ボーダー
「おかえりなさいませ、お姉さま」 アスラはミリュウを笑顔で迎え入れると、ミリュウもそんなアスラを受け入れたのか、彼女に抱きついた

「ただいまあ

疲れたわよぉ、もう」 実際、疲れ切っているのだろう

ミリュウは、アスラに全体重を預けるようにしており、アスラは少しばかり困惑しながらも、心から嬉しそうな表情を浮かべていた

彼女はミリュウのことを実の姉のように愛しているという

 そんなミリュウの様子を横目に見てか、シーラがぼそりとつぶやいた

「セツナにおんぶにだっこでなにいってんだか」「それもこれも歩き疲れたからでしょー」「俺だって疲れてたっつの」「あー、なに? シーラもセツナにおぶってもらいたかってわけ?」「はあ!?」 ミリュウが意地悪くいうと、シーラは素っ頓狂な声を上げた

「なっ、なにいってんだよ!? んなことだれもいってねえだろ!?」 顔を真っ赤に紅潮させてミリュウに詰め寄るシーラに対し、レムが微笑ましいものでも見るかのようにつぶやく声がセツナの耳に届く

「図星でしたのでございますね」「シーラはどうしたのですか?」 ウルクには、シーラの反応が見当もつかないようだった

ウルクは、人間的な感情を持つが、シーラがどうしてそういう反応をしたのかを想像することは、まだできないのだろう

「御主人様におぶられている御自分を想像なさったのでしょう」「それで、ですか?」「ウルクにはわかりませんか」「はい」「いつか、わかる日が来ますよ」「そうですか」 先輩後輩のやり取りを聞きながら、セツナは、なんとも微笑ましい気持ちになりつつ、顔を真赤にしてミリュウと言い合いをするシーラの様子には、苦笑を浮かべた