偽物語 スロット 君の知らない物語

偽物語 スロット 君の知らない物語

セイはソファにふんぞり返って、何度も録音を聞きなおして何かを考え込んでいる

次はハル抜きで、ナーニャとのセッションである

何が起こるかは分からないが父親としては愛する娘の望むように付き合うだけだ

今のところは満足する結果が出ている

楽器を弾くと言うのも結構楽しいなと思いながら、作ったベースラインをひたすら最初から最後まで反復して弾き続ける

流れ人の頭のせいなのか、他のメンバーの演奏もしっかりと細部まで覚えていてベースだけで弾いていても、練習が捗っていく

まるでまだそこに全員がいるようだ

あなたも好きかも:パチンコ カウンター 仕事
と思いながら、ひたすら練習に集中しているとやる気のないノア、セイそして真面目な顔をしているアシンと共にニコニコしたナーニャが入ってきて近くに駆けよってきた

あなたも好きかも:スマホゲーム スロット
「私のための曲ができたんだって!?」ノアがすぐに近寄ってきて「いつ、そう言ったんだよ

 俺たちの曲をナーニャも歌って良いって 言っただけだろ?」「あれー?おかしいなーアッグスの話だったら 二つのバージョンを造るんでしょー? 今まではハルので、次は私のための曲だよね?」「普段は頭動かないのに、何でこういう時だけ やたら想像力豊かなんだよ……」ノアは両肩を落としながらドラムセットへと向かって言った

あなたも好きかも:パチンコ 台移動 リセット
セイがさっきまでと打って変わってやる気のない顔でマイクへと近寄っていき「じゃーお前らーやるぞー

 適当に流していいからなー

あと マシーナリーども、今から録音しろー

 音質は適当でいいぞー」「了解しました

現時刻から録音開始します」というスピーカーから流れたマシーナリーの機械音声ににナーニャがはしゃぎながら「凄いね!?なんかもうプロみたいだね!」とセイに近寄っていって、やる気なくマイクを渡される

「じゃあー私から?」ナーニャは録音されていることを気にせずにガンガン喋っていく

セイは嫌な顔をしながらギターを肩にかけつつドラムのノアを指さす

「わかったー