スロット デジフラッシュ

スロット デジフラッシュ

 ルッツに向けられる感情は「これだけ親に心配され、愛されているのに一体何が不満だ?」という呆れと妬みが大半を占めていた

フェルディナンドは親側の心情がなるべく歪まないようにルッツに届くように思いやりながらその場を取り仕切っている

 話し合いが進むにつれ、ルッツの顔が強張った表情から力の抜けた表情へ変わっていき、話題はルッツの養子縁組関することになった

あなたも好きかも:福山市 スロットハウスカジノ
ベンノの申し出をディードはハッキリと断る

「アンタは経営者としては立派だろうし、商売人としても有能だろうよ

あなたも好きかも:リゼロ スロット 勝てない
ルッツのことで面倒をかけても、それに付き合うだけの度量も寛大さもある

だが、親にはなれん」 ベンノに対するディードの言葉にフェルディナンドの心に少し波が立った

親にはなれないと断言されるベンノへの警戒心、平民の親子関係への興味が交じっている

「ベンノが親になれないというのはどういう意味か説明しなさい

何か悪い評判でもあるとでも言うのか?」「いくら仕事の評判が良くても、養子にする理由の一番に店の利益を上げるようなヤツが親にはなれん

親になるというのは利益で考えることじゃない

あなたも好きかも:ピックアップ パチンコ
違うか?」 ディードの言葉にハッとしたのはベンノだけではなかった

フェルディナンドも軽く息を呑んでいた

その頭の中に蘇って響いたのは「領地のため」「時の女神の御導き」という男の声だ

 誰の声なのかわたしにはわからない

けれど、予想外にディードの言葉が深く刺さり、フェルディナンドの中に諦めと似た感情が広がっていくことから考えれば先代のアウブ・エーレンフェストではないだろうか

 ゆっくりと息をして、わずかに乱れた呼吸を整えるフェルディナンドを誰も見ていない