パチスロ 地獄少女 宵伽 コスプレ

パチスロ 地獄少女 宵伽 コスプレ

翻訳されてないんだけど』『どういうこと?』『バグった? そんなまさか』『ああー、これは架空言語ですね

非対応でした、ごめんなさい』 架空言語は、人類が普段使っている言語ではない、小説やゲームなどのために創作された人工言語のことだな

 今流れている曲は『謳う丘』

ちょっとだけマイナーな、21世紀のRPGのオープニングソングだ

多分、そのシリーズ三作目の『謳う丘 ~Harmonics TILIA~』かな

「ヒュムノス語は、自動翻訳機能に非対応かぁ

まあ、そりゃあそうだよな」「『指輪物語』に登場する架空言語は、自動翻訳に対応しているようなのですが……」「そっちは今の時代にも、熱心なファンがいたりするのかね……」 そんな感じでゲームソングを聴きながら雑談していたときのこと

「ヨシムネ様

辺境の町を出てそろそろ一時間になります

休憩しましょう」「あ、もうそんなに?」「はい

あなたも好きかも:チェック レイズ
せっかくですから、車を停めて芋餅をいただきましょう」「おっけー

しかし、一時間も経ってまだ目的地に着かないとか、オープンワールドと考えても広いなぁ」「高速道路を使わなければ、間にいくつか町や村がありますからね

あなたも好きかも:パチンコ 家庭用電源
全て飛ばして首都に向かっていますから、時間もかかります」「ああ、途中のサブイベントを全部すっ飛ばして、メインストーリーを先に進めている感覚ね」 そして、俺は休憩場所がないか、道路途中の看板を探す

「うーん、看板は出口表示だけか」 すると、ヒスイさんが、携帯端末で地図を確認しながら言った

「高速道路を降りて、トラックストップに向かいましょう」「トラックストップ?」「長距離トラック運転手のために用意された、休憩施設です」「ふーん、サービスエリアはないの?」「この世界の高速道路は無料なので、高速道路の途中に大規模な休憩所は存在しません

そのような施設は、高速道路の出入り口に存在していますね」「なるほどなー」 そうして数分トラックを走らせたところで、高速道路の出口があったので、スピードを落としてそちらに向かう

 すると、出口を出てすぐに大きな駐車場と建物が見えてきた

「これがトラックストップか

じゃ、行こうか」 駐車場には他にも車やトラック、トレーラーがいくつも停まっており、ガソリンスタンドが併設されているのが見えた