パチンコ店 サムライ

パチンコ店 サムライ

「ここの孤児院では乳児以外は全員字が読めて、計算ができるのが、わたくしの自慢です

今は10歳までに側仕えとしての基本的な仕事を身につけさせています」「話には聞いていましたが、こうして実際に見ると驚きますね」 ハルトムートが唸るようにしてそう言うと、レオノーレも孤児院の食堂を見回して頷いた

「それに、噂に聞いて想像していたよりもずいぶんと綺麗な場所ですわ」「皆が清めていますから、神殿内はどこも綺麗ですよ

あなたも好きかも:パチスロ 魔女
教育が行きわたっているので、子供達はお行儀も良いのです」 わたしがうふふん、と笑いながら孤児達を自慢していると、ヴィルマが聖女の微笑でニコリと笑った

「ローゼマイン様がわたくし達に今の生活を与えてくださいました

わたくし達は皆、ローゼマイン様にとても感謝しているのです」 ヴィルマがそう言った途端、ハルトムートが少し身を乗り出した

「其方、神殿でローゼマイン様が行ったことについて詳しく聞きたいのだが……」 ハルトムートの勢いに驚いたようで、ヴィルマが一歩退いた

それを見て、わたしはすかさず男性が苦手なヴィルマを庇って、ハルトムートに対峙する

あなたも好きかも:スロット art 打ち方
「ハルトムート、わたくしの孤児院でヴィルマに無体な真似は許しませんよ」 両手を広げてわたしがヴィルマを背に庇うと、「無体とは何ですか……」とハルトムートが気を削がれたような顔をした

そんなわたし達のやりとりを見ていたヴィルマはクスクスと笑う

「ハルトムート様、ローゼマイン様の素晴らしさについてお話すると、とても長くなるのです

今日はお時間がないようですから、今度まとめておきますね」「ヴィルマ!?」「あぁ、神殿と孤児に対する聖女伝説を楽しみにしている」 ハルトムートが橙の目を輝かせて生き生きとし始めた

 ……わたし、ヴィルマを庇ったはずなのに

あなたも好きかも:大江戸日記 パチンコ 初代
 何故ハルトムートとヴィルマが意気投合したように、聖女伝説の話を始めるのだろうか

 文官見習いや護衛騎士見習いが神殿に出入りするようになって三日後の午後は、ギルベルタ商会とプランタン商会とギルド長との約束がある

下町との話し合いに同席を許されたハルトムートは、孤児院長室へと向かう間も楽しそうに見えた

「ローゼマイン様、下町の商人とはどのようなお話をするのですか?」「エントヴィッケルンの行われた後の下町の様子を聞くのが一番の目的です

それ以外に、ギルベルタ商会から注文しておいた品物の受け取りをして、プランタン商会とは次にグーテンベルクが向かう場所に関する話をします