調布 裏 スロット

調布 裏 スロット

「当然俺も」「杉下さんっ」「だって、そうだろ」 寂しく微笑む杉下

あなたも好きかも:パチンコ 高設定 ハマり
 中川は席を立ち、机に両手を叩き付けた

「あなたはこうなるように、わざと学校に付いた振りをしたんじゃないですか

スパイの振りをして、学校の懐に飛び込んで」「考え過ぎだ

あなたも好きかも:スロット 設定判別 回転数
俺はただの、裏切り者だよ」「違います

自分を犠牲にして、学校や生徒のためを思って……」「いいんだ

もう決めたんだから

俺がいなくても、学校は動くしね」 それとなく視線を新妻へと向ける杉下

 新妻は気だるそうに、背もたれへ身を任せている

「退学でお願いします

その方が、俺もすっきりしますし」「分かった

それで、理事達からもらっていたお金は」「カードを後でお返しします

多少減ってますが」「交際費の範囲で何とかするわ

それより、本当に退学でいいの」「それだけの事を、俺はやったんで」 苦い呟き

 顔を伏せる中川

 彼女の拳が、机を叩く