パチンコ リング バースデイ 一発告知

パチンコ リング バースデイ 一発告知

あなたも好きかも:ディーラーとは カジノ
エマはウラヌスの横に回り込み、そのまま爪でウラヌスを切り裂く

あなたも好きかも:戸塚 パチスロ
ウラヌスは何とか躱《かわ》したが、脇腹から出血していた

「実に良いものだな……夜というのは

世界が一生夜だったら良いのに……とは考えぬが、それならヴァンパイアの仲間も見つかるかもしれぬ……」 手に付いたウラヌスの鮮血を朧月《おぼろづき》に照らし、ペロリと舐めて告げるエマ

 エマはヴァンパイアの仲間を見た事がほぼ無い

ヴァンパイアというものは本来より闇夜を好む種族なのだが、ヴァンパイアの食事は人間や魔族の血液

あなたも好きかも:スロット 非等価 機械割
 古来より人間の天敵として生きていたが人間が殆ど支配するこの世界

駆除対象として絶滅させられそうになっていると考えるのが普通だろう

「仲間がねぇ……俺は別に関係無いが確かに独りは辛いもんだな……」 エマの言葉を聞き、フッと笑って話すウラヌス

 エマの言い分に同意したらしく、同情してくれているのだろうか

「フッ、何を言っている……同意した『フリ』をして何かを仕掛けようとしているのが分かるぞ……」「……おっと、そうかい」 エマは軽く跳躍し、木の上に登ってウラヌスとの距離を置く

 木に立つエマの金髪は朧気《おぼろげ》な月明かりに照らされ綺羅綺羅《キラキラ》と輝いていた

「一つ聞きたいが……貴様はどんな力を使うんだ? 速くなったりしているのを見れば加速系かライと同じように力系と見受けるが……」「……ん?」 そして、余裕の態度を見せるエマは唐突にウラヌスへ尋ねる

 昨日ライと戦った時や今さっきの加速

エマの推測では己の力を強増させると考えていた

「ハッハッハ……そうそう教える訳無いでしょ

君は自分の素性を簡単には明かさないだろ? つまりそう言うことだ」 エマの質問を聞き、軽く笑って返すウラヌス

 実際、相手に能力を知られれば相応のリスクを背負う事となる