偽物語 スロット 筐体演出

偽物語 スロット 筐体演出

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 強敵 オーラ
その世界最高峰の老練なる『剣術』を、この世界最高峰の若き身体に降ろす

 これこそが、フーズヤーズのフェーデルトや元老院のレキたちが予定していた『魔石人間(ジュエルクルス)』の真骨頂

違う誰かになることだけに特化した私の魔法

その一端――「スノウ!!」 私は反撃に出る

 いままでの自己流の『剣術』ではなく、研ぎ澄まされた技でスノウの大剣を綺麗に受け流し――そして、見違えるような一閃で襲い掛かる

 私の激変にスノウは驚きを見せた

あなたも好きかも:オンラインゲーム 疲れ
そして、すぐに顔を歪める

 それは驚きとは少し違う感情だった

殺し合いの最中、スノウは私をとても羨ましそうに見ていた

 スノウは大剣を振り回して、私の技を押し潰そうとする

あなたも好きかも:ビビットオペレーション スロット フリーズ
 しかし、その全てを剣技でいなし、そらし、すかしていく

 そして、ついには大きく大剣を空ぶったスノウに、私の剣が届きかけ―― スノウは叫ぶ

「――《インパルス・ハウリング》!」 スノウの首に竜の鱗が生え、世界が歪む

「ァ、ァア――――――――――――ッッ!!!!」 もはや、声とは言えない