パチンコ 一般台

パチンコ 一般台

 普通に考えれば不可能なことでも、『あの存在』にとっては手間の一つでしかない

可能性に賭けるだけの価値は十分ある

 ……いや、違う

僕が最後の一線を超えようとしているのは、そんな打算があるからじゃない

これは自分への誤魔化し、全てを捨ててでも勝とうとする無様、それを晒そうとすることを忌避する悪としての僕に対する言い訳だ

「エク……ドイク……ッ!」 同じ魔族として、僕には様々な優位があった

あなたも好きかも:上越 パチンコ
悪として、魔族として生きた時間

あなたも好きかも:セイントセイヤ パチンコ mla
理に対する理解や応用力

あなたも好きかも:パチンコ 勝てる 立ち回り
至った完全覚醒の象徴や系譜となる魔王の格の差

 どれほど足掻こうとも届かないはずの距離を、この男は並んできた

この僕の立場を脅かそうとしている

 そんなことは許さない

ようやく至った、僕の在り方を揺らがすような存在はこの世にあってはならない

 全てを失う危険性を犯してでも、この男は消さねばならない

でなければ僕はこの先一生この男のような存在が現れる度に、こんな不快な感情を抱くことになる

「ここまで、僕に迫ったことは褒めて……あげるよ……だけどっ!もう君は逃さない!この世界がどうなろうと、知ったことじゃない!ああ、そうだ!君のせいだ!君が炎陽を堕としたんだ!この世界の全てを焼き尽くす炎陽をねっ!」「――」 なんだ、その眼は