モリナガ パチンコ 天文館

モリナガ パチンコ 天文館

そもそもだ

渦波の兄さんを『次元』、ノスフィーを『光』と決めたのは誰だった? 間違いなく二人とも、その属性に向いていない

なのに、どうしてこうなった? あの日、どういう話の流れだった? 思い出せ

あのとき、あの場所で、誰が――」 先ほどまで僕が座っていた椅子に腰をおろし、まるで探偵のようにレガシィは呟いていた

あなたも好きかも:スロット 化物語2
かなり興味深い話をしているが、ノスフィーの髪で『過去視』をしている僕は、その呟きを最後まで聞くことは出来ない

 僕はノスフィーの気持ちと視界しか追いかけられない

あなたも好きかも:オンラインゲーム 売上 ランキング
 必然と、部屋を出たノスフィーがフーズヤーズ城の廊下を歩く光景に移る

 彼女が歩きながら一人、反省会を行っていたところだ

「さっきのはわたくしが悪い……

渦波様は悪くない……」 ノスフィーもレガシィと同じように、自分一人の世界に入り呟く

 そして、恐ろしいことに彼女は、あれだけのことをした僕を信じて、僕の正当化を頭の中で行っていた

その論理は、こう続く―― 駄目だったのは私

あなたも好きかも:パチンコ どこ を 狙う
 あれはいきなり過ぎた

ああも詰め寄られてしまえば、混乱してしまうのは当然だ

渦波様の置かれた状況を知っておきながら、私には全く思いやりが足りなかった

 悪いのは私

悪い子だから怒られた