土気 パチンコ屋

土気 パチンコ屋

"ウサギの賢者の屋敷・家事総監督"として誇りを持つ少女は、火の精霊に感謝しつつ、丁寧にアイロンをかける作業をしてくれた

ただまだ上手にシワを伸ばしてかけられるのは、平面が広い部分ばかりで、細かい襟元や脇などはウサギの賢者の指導の元でやっている

今身に付けている物の殆んどは、毎日そうやって支度してくれた物

出来ればこれからも、そんな日々を続けていけたならと思っている

あなたも好きかも:おそ松さん スロット 天井
―――大丈夫、守るのはきっと簡単な約束なつもりだよ

(それでこんな時に、勇気を与えてくれる様な言葉をとして思い出すのは、アルス君の声か)「"簡単"な約束になつもり、っていうのが言い得て妙だ」そう言い終えた時、アプリコットが転んだ状態から、漸くその身を起こした

元々"転んだ"様に見せかけていたが、顔だけを渓流に突っ込んでいる形だった

そこから身を起こしたなら、頭全体を水を滴らせて濡れている

それを激しく左右に振って、水飛沫を飛ばし、そして仕上げの様に両手で自分の顔を激しく叩いた

右の手首に通している短剣もつられ、跳ね上がるのをそのまま柄を握る

「……とりあえず、今からは使わないから、しまっておいても良いわね」そう言って、器用に自分の纏っている服の右の袖口に吸い込ませる様にしまった

あなたも好きかも:パチンコ 2016年 規制
儀式の装束の下に着こんでいる服装―――リリィやルイとロブロウを案内の為に巡った時と身に付けていた同じ物でこれ迄の戦いを物語る様に、泥や汚れにまみれている

けれど顔だけは、渓流に突っ込んだお陰で、綺麗に汚れと呼べる物は落ちていた

前髪も水に濡れて上がっており、いつものサラサラとしている物も、纏まっている状態で小さいながらも綺麗な額も見せている

その額に薄くシワでもないのだが、白い線が刻まれていた

その様子から、それが彼女がおそらく随分昔に負った何らかの傷痕なのだとわかる

(でも、アプリコット殿も、多分あの暴君もそんな事を気にはしないだろうから、別にいいだろうけれど)少しばかり繊細な事でもあるので、心に壁をはって考える