摂津 パチンコ屋

摂津 パチンコ屋

そんな馬鹿(あいて)がいることもな」「初見で?」「隠してないなら見てわかる

隠しているのなら察する

おかしなことじゃない」 いや、それができる時点で、なんというか、もう化け物のような気がするんだけど

「だとして、だったら何故、俺を乗せた? 聞けば、気に入らない相手ならば――いや、それこそ、お前の利く鼻の選別にそぐわなければ、あっさりと拒絶するらしいじゃないか

あなたも好きかも:札幌 ブログ スロット
事実、俺の〝匂い〟は随分とお前の鼻についたはずだが?」「……まあ、それはそう

危険じゃなくて、危機感

それは私に対してじゃなく、なんていうか在り様

あなたも好きかも:ぱちんこ カネマン
そう、飲み干した毒が抜け切れず、かといって抗体にもならないまま、躰の中に澱んだまま残っているような、言ってしまえば嫌な匂いが、した」「それを、俺は自覚しているし、お前もまたそこに気付いた

だとして?」 そう、だからこそ、なのだ

あなたも好きかも:ナポレオン八王子 パチンコ の うわさ
「自覚しているから、乗せたの

だってそれは、乗せない理由にはならなかったから」「つまり――お前も、一人になるために海に出る馬鹿ってことか」「馬鹿は余計

それと、まあ、あんまり言いたくはなかったんだけど……」「ん?」 釣れた小魚を片手に、それを足元のバケツに落とした私は、背後を一瞥して

「あんたが来たら、乗せてやれって――コノミに言われててさ」「へえ……? あいつが、偉そうなことを言えるようになったか」 聞こえるのは苦笑

それを受け入れて、認めて、だからこその表現だ

「じゃ、イザミも乗せたのか」 ちょっと待て